OSSBN E-Commerce ​Nagasaki

​※準備中

嵯峨島ゲストハウス

当社は2001年3月の設立以来、地域型メディアとの親和性の高い地域に根付いた文化活動を様々な形で後援してきましたが、創業者の出身地である長崎県長崎市への2019年1月の事業所設置に伴い、この度同地域での地域文化の発展・推進主体を目指す(株)Candy(以降「Candy」)と事業提携し、飲食・宿泊・スポーツ・音楽を主軸に、様々な文化交流を通じた地域活性化活動を共同で推進する方針となりました。

各種のIT系技術開発活動で長年培った当社のノウハウを活用し、Candyを主体とした様々な地域振興活動を後方支援する事により、同社と共に堅実かつ持続的に成長・発展していく方向性を目指します。

協業の手始めとして、Candyを主体とした「長崎新特産品」の企画・販売を目的に、本ECサイトを立ち上げました。本サイトの運営主体はCandyであり、当社の方は、本サイトの技術的な後方支援・保守業務を主に担当します。

お客様・パートナーの皆様方には、今後とも継続的なご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年10月1日 オーエスエスブロードネット株式会社 代表取締役社長 宮副 英治

長崎新特産品

長崎県は、周囲を海に囲まれた地勢的背景を特徴とする九州の北西部地域であり、対馬・壱岐・五島列島などの島数が971と日本一、更に海岸線の長さも4,137 kmと北方領土を除いた北海道を抜いて日本一です。島の多さと複雑に入り組んだ海岸線という地勢的特徴により、変化に富む風光明媚な景観と豊な海の幸を誇ると共に、古より海を越えて内外の文化・文明の行き交う国際的な交易都市を幾つも育んだ歴史所縁の地です。
ハウステンボスやグラバー園・眼鏡橋・幕末史散策など、従来の長崎の歴史ロマン的なステレオタイプなイメージを一旦置き、長崎の真の魅力を敢えて地元の方々に問うならば、みんな「やっぱ海!」と答えるんじゃないかと、少なくとも私たちは思っています。
このサイトでは、そんな長崎本来の魅力に満ちた名所・特産品・レジャーを、敢えて「長崎新特産品」という些か気合いが入り過ぎかも知れないブランド名で、国内外の皆様方にご紹介して行きたいと思っています。


 

無題.png

嵯峨島Photo Gallery

嵯峨島(さがのしま)は、高浜海水浴場に近い貝津港からフェリーで15分の距離にある、貝津から北西約4kmの東シナ海沖合に浮かぶ周囲9.5kmの小さな島です。
 

高浜海水浴場.jpg

秘境と切支丹の里

五島・嵯峨野島

長崎にはマリンレジャーの名所が多数あり、中でも日本の渚百選・海水浴場百選に共に選ばれた五島の高浜海水浴場は、ビーチ前からの眺めはもちろん、魚藍(ぎょらん)観音展望所からの眺望は、沖合はコバルトブルーの大海原、浅瀬は透明度の高いエメラルドグリーンの白砂ビーチと、美しい長崎の海を体感できるお勧めスポットの一つです。

​流木アート販売作品※準備中

嵯峨島観光-将来構想-

長崎の海の良さをより多くの方々に体感して頂けるよう、私たちの方では嵯峨島の空き家を改装したゲストハウス運営を構想・検討中です。島内には国道・県道がなく、レンタサイクルもありますが、バギー等のオフロードオープン車を利用できれば、変化に富んだ絶景をより楽しめます。島で水揚げされる魚介類も大変美味であり、景観と味覚の双方で、本来の長崎を満喫して頂けるスポットの一つだと確信しています。

ゲストハウスの実現には、先立つ資金集めや各種申請、島民との折衝と合意形成、空き屋の改修、運営スタッフの確保など課題が山積みであり、何時頃実現できるのか、まだまだ何とも示唆できませんが、開業の暁には宿泊客の方々が流木アートで嵯峨島の旅の記憶に思いをはせられるようになる事を目指し、一つずつ頑張って参ります。

​外部リンク 株式会社 Candy

Copyright © OSS BroadNet All Rights Reserved.

​お問い合わせ